2013年11月5日火曜日

バスプロ選手権、2日目詳細

 209g、26位で初日を折り返し2日目最終日。

 朝から雨。2日目は第一フライトで30番目くらいでスタート。
前日と同じエリアに入るもやはりバイトが遠い。2時間同じエリアで粘ってみたものの、前日魚探に映っていたボトム付近のベイト反応が極端に少なくなり、明らかに状況が変わっている。前日もワンバイトのみだったし、このまま続けても状況が良くなる要素が少ないと判断し、ここで移動を決意。船団になっているのは承知でインターセクションの様子を見に行きました。少ししか開いていないスペースにジワリと入り込みキャストしていると、目の前で1本、少し下流で1本と他の選手がバスをキャッチ。このエリアに自信があるわけでもなく、周りの選手が釣っているのを見ながら釣りするのは精神衛生上よろしくないので早々に退散。下流方向に魚探をにらめっこしながら再度移動し、自分がメインに考えている水深12m~14mのボトム付近にベイト反応があるエリアを探しながら、良さそうな反応があればリグを入れていくという作業を繰り返していきました。
 11時過ぎてもノーバイト。正直しんどくて、集中力が無くなりかけていた時、対岸のかなり上流側で2本連続で他の選手がバスをキャッチしているのを目撃。これはスクールが移動してきたので連発したのではないかと推測し、誰もいない対岸に移動しキャスト。この移動が正解でこのエリアで2本キャッチ!
 実はこのエリア、ロッドマン関西支部長カムカムさんのメインエリア。カムカムさんは前日1日中とこの日の朝、このエリアに入っていたのですが、この日の午前中は全くバイトがなかったそうで、移動していたとの事。更に後で地元の方に聞いたのですが、プール跡ってよばれるエリアで、魚が溜まる要素を兼ね備えたエリアだそうです。。
2本、672gで単日9位

 前述しましたが、今回私が狙ったのは水深12m~14m。そのボトム付近にベイト反応があり、立木やオダがある場所にダウンショットリグを漂わせて釣る方法。
THタックルのエコゼッピン2.6にザップエアダンサーの#1を組み合わせたもの。バスが口を使えばオートマチックに掛かるようにフックはわざと大きめの物を使用。リーダーの長さは60cm位の超ロングリーダーに1/8ozのシンカー。
 非常にバランスが悪くキャストもしづらいのですが、気圧がさがり少し浮いたバスには効果的だったように感じます。

カムカムさん7位。私8位と仲良く入賞


 初日26位、2日目9位。2日間のトータル結果は8位で2013年バスプロ選手権を終えました。

 今回もチームメイト、スポンサー様、応援して下さるすべての皆様のおかげで良い結果を残す事ができました。本当にありがとうございます。

 これで2013年のJB,NBCトーナメントの全日程を終えました。来年はもっともっと高い位置に行けるようにこれからも努力を重ねてまいりますので、応援よろしくお願いいたします!


コメントを投稿