2013年7月31日水曜日

JB九州第3戦、北山湖物語。前日プラ~本戦編

さて、前回のつづき。。

 感触は悪くなく、不安より期待の方が勝った前週プラクティス。
その時、肌で感じた湖の、バスの状態を基に前日プラクティスではさらなるエリアの絞り込み、及び、バックアップパターンの模索を行う。

 この日も前週絞り込んだキースポットにネコリグをバンプアップフォールで入れると短い時間でいいサイズが3連続ヒット。しかしながら、それ以降パタリとバイトは無くなり、まったくの無反応状態。引き続き魚探には大量のベイトフィッシュ反応があるので、スクールで入ってきた魚なのだと推測。1時間くらい同じエリアでダウンショットやジグヘッド、キャロを入れてみるが、無反応。ネコリグに戻すと更に1本追加。やはり、自分とこの湖のバスとの相性はネコリグのリズムがgoodな様子。キースポットで待つ釣り方も有効なように感じた。
 その後はリグはネコリグに固定して、サブのエリアを探すことに専念し、いいサイズが出る確率がある場所を2か所、サイズは選べないが、サブに使えそうな場所を4か所ほど見つける事ができた。

そして迎えた本戦。

フライトは第1フライトの後半、40番目くらい。南湖に向かう。
本命にしていたエリアが開いておりラッキー。開始10分くらいで500gくらいを釣りあげるが、その後が全く続かない。そのエリアで30分くらい使って、スクールが入ってきていないと判断。待つ釣りじゃなく、自分からバスに合わせていこうと移動を決意する。2か所目、カツタカに入り、やはり10分程で500gオーバーを釣る。やはりここでも後が続かず、あまり時間を使わずに移動。本命、サブエリアをランガンしてバスに合わせようとするがナカナカ噛み合わない。開始3時間半が過ぎても追加できないので、精神的に苦しい。仕方なくサブのサブ、お助けの白い家に行き250gを釣りやっとのことでリミットメイク。少し楽になる。その後は見つけていた6か所を短時間でなんども入り直し、2回入れ替えて微妙にウエイトアップして終了。

周りは釣れていたようで27位でフィニッシュ。ウエイトは1450gでした。

今回のタックルデータ
同じルアーをラインの太さ、ロッドの長さをかえることでフォールスピードを調整しました。。

ロッド ダイワ 69ML
リール ダイワT3AIR8.6
ライン 7LB 
ルアー ダイワネコストレート インサートシンカー1.3g


ロッド MONOHOSHIZAO S-72ML
リール シマノ コンプレックスCI4
ライン 4LB
ルアー ダイワネコストレート インサートシンカー1.3g


今回は周りが釣れている中、自分には釣れなくて精神的に非常に苦しい戦いでしたが、なんとか少しずつウエイトを積み重ね、大外しは免れました。
年間成績は3位に浮上。
トップとの差は40P以上あり年間優勝は厳しくなりましたが、まだまだ諦めていません。
最終戦はトップ目指して頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。。




 
コメントを投稿